明 王 院

















新田義貞の鎌倉攻めの際、不動明王が挙兵の報を、一夜のうちに触れて歩いたと伝えられていることから「新田触不動」と呼ばれている。境内にある「千体不動塔」には、合計千体の不動明王像が彫刻されている。
進むボタン
戻るボタン